読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに生きる

子なしアラフォー主婦のぼやき

服の数

日に日に服の数が減ってきた。


ミニマリストに憧れる私にとってはよい傾向だ。


地方に引っ越したのもあり、近くに好きなショップもないから、服を買わなくなった。

そして、今は仕事してないし、周りに友達もいないから、平日、日替わりでおしゃれしていくこともない。


前はふらっと街にでると、ついついよく行くショップに入ってしまい、なじみの店員にのせられ、余計なモノを買ってしまっていた。

...いいカモだ。


服の数は、断捨離しまくった時期があるので、かなり少なくなったが、やはり着るのが憂鬱な服がチラホラある。


なんで買ったんやろう。


よく思いだしてみたら、イマイチな服買う時て、よくないこと続きで、自分に自信がなく焦りがあるときかも。


すぐに外見だけでもよく見せたい。

(鎧?)


そんな焦りで、判断力が鈍り買ってしまう。


このアイテムさえあれば無敵だわ。

明日から使える!


自信満々で買って帰るが、帰宅すると手持ち服と全然合わないのだ。

服自体はおしゃれだか、自分に似合わないし、なんかダサい。

当然、明日から使うことはない。


後悔と罪悪感。


結局、新品同様なので、ネットの宅配買取に依頼し、蓄積された洋服たちを売る。

ただし、どんだけ高く買って未使用でも二束三文だ。

ショック!


私は、買い物依存なのもあるが、バーゲンで服は買わない。

定価で買うのだ。

バーゲンで買うと、安いからといらんモノを買ってしまうからだが、麻痺して定価なのに同じことしてる自分が腹立たしい。

お金の無駄遣い。


定価分、使い古して、捨てるのが理想的だ。

売るという発想がなくなるくらいボロボロにき倒したい!


おしゃれだとか言われたいが為に服を買っている自分からサラバしたい!


他人の目を気にしてる自分にさよならしたい!


そして、幸せになるのだ!