読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに生きる

子なしアラフォー主婦のぼやき

水虫女

恥ずかしながら、水虫になった。


こんな私に、清楚で、お綺麗ですね。

て、言ってくれた男子、サーセン


絶対、水虫なんかならないと思ってたのにぃ。


先週あたりから、右足の裏だけ皮がめくれてきていて、昨日、なんだか皮が硬くなってきて痛いし、だんだん不安になってきた。


痒みはないし...水虫じゃない!


て、信じたかったから、ネットで調べて、緑茶パック買ってきて、足湯したりした。


しかし、しらけた顔で、とうとう夫に「病院いきなよ」て言われた。

俺、また水虫なるのやだよ」


夫は、過去に水虫でかなり苦しんで、何年か前に飲み薬で完治したらしく、水虫の恐ろしさを知っている。

彼が、病院を勧めるのは説得力があった。


あんたがうつしたんやないの?

とも考えたが、言うのやめた。


今朝、慌てて皮膚科にいった。

開院10分前に着いたのに、皮膚科て、なんでいつもあんな混んでるんだろうか...すでに1時間待ち。

ネット予約もできるらしいが、初診はできないらしい。

しかし、私の後も初診の人が続々現る。


1時間を覚悟していたが、20分くらいで、名前を呼ばれる。

明らかに診察室ではない場所に呼ばれ、ベッドに座らされ、看護師のおばさんが、私の足の皮を採取し、

「水虫チェックする」

と露骨に言われた。


想像するに患者を早くさばくために、検査ですぐわかる水虫患者を看護師で先に対応させたのだろう。

もうこの時点で、水虫確定みたいな気持ちになる。


途中で違う患者が、同じ場所に通され、奥のベッドへ消えた。かなりきまずかった。


ソワソワしてしまう。


五分くらいして、違う看護師さんが来て、医師がきた。


「菌いたから...あ、水虫ね!1日1回、薬塗ってね」


これまたでかい声。


医師は立ち話みたいな感じで私に伝え、そのまま、奥の患者のとこに行った。

これが、診察?


その後、流れ作業だ。

看護師のおばちゃんが、クリームを両足に塗ってくれたが、ガーゼを両足にまかれた。

サンダルの私...めっちゃ恥ずかしい。

絶対、水虫!

て、わかるし!


待合室にもどった私は、恥ずかしくてしゃあないし...。


しかも、隣接した薬局でも、薬剤師のおっさんが、大きな声で薬の説明され、もう地獄...。


違う病気のフリして、足引きずろうかと思ったよ...。


けど、最後は開き直れた。

水虫だって好きでなったわけやないし...ここにいる人、誰も知らないし!

水虫でお悩み女性、家から離れた皮膚科、オススメします。

職場近くなんて、もっと駄目ですよ!


はあ。

また、二週間してら診せにいかなきゃ...綺麗に治るといいなあ。